平成30年度 23月インターンシップ活動報告

 

平成30年度 春のインターンシップは神戸大学1回生、同志社大学1回生、立命館大学2回生、関西大学2回生の計4名で活動いたしました。

 

 【少年野球チーム フェニックスの練習お手伝い】

太田議員が顧問をしている高槻の少年野球団『フェニックス』の練習に参加させていただきました。ティーバッティングやノックでは、小学生の力いっぱいのスイングや、球威のある送球に圧倒されました。その後、選手やコーチの方たちと一緒に約30分間のランニングをしました。小学生のその元気さとスタミナについていくのに必死でした。中にはおサボりしていた子も。。。

 あまり役に立てなかったかもしれませんが、貴重な体験をさせていただきました。『フェニックス』のみなさん、これからも頑張ってください!!                (立命館大学2回生 K.Y

 

 

【高槻市立しろあと歴史館見学】

 しろあと歴史館では、江戸時代を中心に高槻の歴史について教えていただきました。展示11つ丁寧な解説をしてくださり、とてもわかりやすかったです。その後、現在展示されていない物が保管されているバックヤードも見学させていただきました。温度、湿度が完璧に調整されていたり、展示していない物を保管するための環境が完璧に整えられていたりしました。展示されていない物についても丁寧な解説をくださり、学芸員さんの歴史と歴史館への愛を感じました。(立命館大学2回生 K.Y

 

 

【高槻市交通部 芝生営業所訪問】

 高槻市交通部の芝生営業所では市バスについて学ばせていただきました。まず、市バスの歴史や事情、現在の取り組みなどを詳しく講義していただきました。大阪府の市営バスは、現在大阪市と高槻市のみにしかないということを初めて知り驚きました。

 さらに、実際にバスの中を見学し、運転席に座ることもできました。ドアの開閉ボタンなど、運転手でなければ触れないところを触ることができ、盛り上がったインターン生4名でした。(立命館大学2回生 K.Y


 

 

IT課訪問】

 高槻市役所総合センター5階にあるIT課を訪問いたしました。e-たかつき計画や、マイナンバー制度のお話、その他情報管理についてのお話を、丁寧に詳しく教えていただきました。今流行りのAIについてのお話も混ぜていただき、難しい部分もありましたが、とても興味深いお話ばかりでした。                (立命館大学2回生 K.Y

 

 

【交通指導】

 太田議員は高槻市交通指導員協議会の会計監査に就かれており、その活動の一環として、芥川小学校の周辺で朝の登校時の交通指導をされています。私も今回これに同行させて頂きました。もともと、議員の方が小学校前で挨拶をしているというイメージが無く、生徒達や地域のPTAさんと触れ合う太田議員の姿が印象的でした。生徒達は、眠そうに目をこすりながら来る子、朝から元気に走ってくる子など様々で、とても可愛かったです。また、おはようございますと挨拶を返してもらえるのは嬉しく、温かい気持ちになりました。

 歩道橋に潜む事件や事故の危険性についてお聞きし、子どもたちの安全を守るためには様々な状況を想定しなければいけないと感じました。私が小学生だった頃にも、このように地域の方などが見守ってくださっていたのかと思うと、当時は気付けなかったことではありますが、感謝の気持ちでいっぱいです。             (関西大学2回生 A.U

 

 

【子育て総合支援センター】

 子育て総合支援センターでは、運営に関するお話をお伺いし、施設の見学をさせていただきました。建築されてから約10年経っているのにとても綺麗な建物で、子どもが遊べるプレイルームがとても広かったり、無料で行っているイベントや子育てに関する講座があったりと、利用しやすい工夫がされていました。また、子育て等に関する相談窓口が併設されており、家庭相談や虐待の問題に力を入れていると感じました。

核家族化や地域や近所との関係の希薄化が進んでいる中で、子育てを行う方達にとって、子育て総合支援センターのように、子育ての友達や先輩、専門知識のある職員さんに会えたり相談できたりする場があるというのは大切だと思いました。このような施設の存在を知らない人や、知っていても来られない人に対してのアプローチ方法について考えたいです。

                       (関西大学2回生 A.U

 

【高槻市保健所】

 高槻市保健所では、保健所と保健センターの各課の担当者の方から、業務の内容などに関するお話をお伺いしました。一番驚いたことは、高槻市は健康寿命が大阪府内で男性2位、女性1位の長さを誇るということでした。

これまでは、保健所の事業について漠然とした知識しか持っていませんでしたが、今回の訪問で保健所の多岐にわたる業務内容について知る事ができ良かったです。そして、たくさんの専門職の方達によって、保健所の運営や高槻市の公衆衛生の向上がなされていることを知りました。

                        (関西大学2回生 A.U


 

 

【前島クリーンセンター】

 ここでは、技術職の方が多く働かれていました。文系の私には難しいお話もされていて、すごいなと感じました。また、想像していたよりも大きな施設、高い煙突、たくさんのゴミなどに圧倒されました。

 私が小学校の時にも地元のクリーンセンターへ見学に行きましたが、その時よりも近い距離で施設の見学や説明をしていただき、より詳しく学ぶことができました。改めてゴミの分別の大切さを感じました。

                   (関西大学2回生 A.U


 

 

【高槻市立障がい者福祉センター 訪問】

 高障連(こうしょうれん)と呼ばれておられる高槻市立障害児者団体連絡協議会の方々にお話を伺わせていただきました。高槻市と、障がいをもつ当事者やそのご家族の橋渡しをしておられるということです。しかし一言に障がいといっても、身体、発達、精神、視覚、聴覚など、様々な分類があります。高障連のみなさんは様々な障がいに合わせて設立された加盟団体・協力団体の方々と共に、障がいの有無に関係なく幸せに暮らせる社会の実現のためにご活動されておられるのだということがよく分かりました。

 また、このセンター内で市の広報の点訳が行われている場面を見学させていただきました。いたるところで見かける点字ですが、意識して見たことがなく、視覚障がいをお持ちの方と実際にお会いしたこともなかったので、本当に良い経験でした。

                     (同志社大学1回生 Y.T

 

 

【地域包括支援センター 訪問】

 高齢者相談窓口である地域包括支援センターが誕生した背景には、高齢化や核家族化など様々ありますが、今ではなくてはならない存在となってきています。日本の高齢化問題は深刻で、高槻市も例外ではありません。そこで高齢者の方々の尊厳を保持するために、暮らしの支援を少なからずする必要があります。それを職業とされているのが、ヘルパーの方々です。しかし、仕事内容に関して見返りを求めすぎてはいけないため、モチベーションを自身で保たなくてはならず、そこが難しいそうです。職員の方が、将来の職業選択肢にヘルパーという職種がもっと当たり前に存在して欲しいとおっしゃられていました。私も多くの学生にそう訴えかけたいです。

(同志社大学1回生 Y.T

 

 

【郡家老人福祉センター「ふるさと」 訪問】

 60歳以上の市民の方が健康で明るい生活を送れるようにするための施設です。絵はがき、書道、カラオケ、囲碁など、ご自身の趣味や興味に合わせたグループに所属し、楽しんでおられました。私たち4人も「バンパー」という玉つきゲームを一緒に体験させていただきました。優しく教えていただいたので初めての私でもとても楽しかったです。ありがとうございました。

 また、センターを訪問させていただき、心に残ったサービスにお風呂があります。一人暮らしをされている方にとって湯船にお湯を張り、浸かる行為は、身体的危険を伴う可能性や、経済的負担を懸念させる方がおられるそうです。ニーズに合わせたサービスが充実しており、素敵な福祉のあり方だと感じました。         (同志社大学1回生 Y.T

 

 

【高槻市立療育園  訪問】

 こちらは医療型児童発達支援センターで、医師による診察も受けられ、障がいのある子どもさんとそのご家族が適切なサポートを得られるようになっています。センター内では、通園事業、療育事業、外来訓練事業などと様々行われていますが、 私たちはその中の1つである放課後等デイサービスの様子を実際に見学させていただきました。ここで私が最も印象に残っていることは子どもたちのいきいきとした顔です。近年、営利目的の放課後等デイサービスが増加しており、それに伴ってただただ時間をつぶすためにゲームをしたり、悲しいことに暴力を受けていたりというケースも増えているそうです。その点、ここで触れ合わせてもらった子どもたちは「支援」を受けていることがすぐに分かりました。子どもたちの顔を見れば分かります。また、スタッフの方からも子どもたちの生活の質向上のためにという目的を感じることができました。ただ預かっているわけでは絶対にありません。こちらのように、障がいをもった子どもたちを預かる責任を重く感じることのできる放課後等デイサービスがもっと増えることを願っています。

                    (同志社大学1回生 Y.T

 

 

【財政レク】

高槻市の財政課の方に、市の財政についてレクチャーしていただきました。予算の組まれ方や専門用語について丁寧に分かりやすく解説して頂き、財政とはどういったものなのか理解することができました。

 ワークでは、実際に予算を組み、財政課の方にチェックしていただきました。自分では気づけないような視点から鋭いコメントが出てきたりして、このようにして無駄を省いていくのかと知りました。また、収入と支出を一致させる大変さが身に染みて分かりました。

                    (神戸大学1回生 T.K

 

 

【天神祭】

 225日、26日に開催された天神祭のお手伝いをさせていただきました。会場の設営やゴミ箱の設置など、普段経験することのできない貴重な体験をしました。来場してくださった方々が快適に楽しんでいただけるように、いろんなことに気を配って運営する難しさを知ることができました。また地域の協力があるからこそ開催できるのだなと思いました。

                    (神戸大学1回生 T.K

 

 

【消防署見学】

 他の事務所のインターンシップ生と一緒に、高槻市消防本部と中消防署を見学しました。消防本部では、高槻の消防について説明して頂きました。本部内にある指令センターにもお邪魔させて頂き、実際に119をかけて訓練したりしました。緊張感が漂う中、司令官の冷静な対応は、電話をかけてきた方を不安にさせないようにするためだと知り、すごいなと思いました。

 中消防署では、様々な消防車について解説していただきました。実際に使っている道具なども見せて下さり、市民の命を守る大変さが伝わってきました。                (神戸大学1回生 T.K


 

 

【事務作業】

 インターンでは見学だけでなく、事務作業も行いました。内容はいろいろありましたが、政務活動報告書の作成やポスティングなどをしました。書類を廃棄するときも、個人情報が漏えいしないようにひと手間加えてから廃棄しました。            (神戸大学1回生 T.K